屋久島梅雨の名物とは。。。

梅雨、それは1年の中で最も晴れた日が少なく、当然降水量の多いシーズン。


逆にいうならば、夏へのエネルギーを蓄え、梅雨明けと同時にそのエネルギーを開放するためのチャージ期間。


私達はこの夏への希望を楽しみに、この梅雨のシーズンを過ごします。



そしてここ屋久島では、毎年島民が恐れるやつらがやって来るシーズンなのです。



やつらは、まるで計っているかの様に夜の8時に姿を現し、そして島民は奴らから発見される事を避けるため、戦時中の様に家の電気を消して過ごします。



そう、その恐ろしいあいつらの名は。。。


「イエシロアリ」


学術名:Coptotermes formosanus


目科:シロアリ目ミゾガシラシロアリ


科別名:タイワンヒメシロアリ




屋久島では「流し虫」や「八時虫」と呼ばれるこのシロアリ。


個体は小さいこんな虫。


屋久島ではこの小さな虫が、蒸し暑い雨上がりの夜に大発生するのです!



おびただしいこの虫は、家の明かりがついていると、容赦なくその家の窓から飛び込み、電灯の周辺で飛翔乱舞し、その後羽を落とし畳の上を這いまわり、片付いたと思い布団に入るや、モゾモゾと体の周辺を歩いたりするのです。


書きながら思い出すと体がゾワゾワしてきました。


そしてこの流し虫達は翌日にはすっかり姿を消し、大量の羽を残していきます。


このシーズンはホテルや民宿でも、窓を絶対に開けないようにと戒厳令が発令されるほどで、ホテルのお風呂に行っている間に、部屋の中に大量のイエシロアリが侵入しているなんて事も良くあります。



大自然に囲まれた屋久島、私達は、この子供の様に、流し虫を受けれることが出来る時がくるのでしょうか・・・

​ブログ

Other's / 他のツアーを見る

ヤクスギランド

​ハイキング

ガイドツアーバナー.jpg
キチキントレックバナー.jpg
名称未設定.jpg
bergtech_select.jpg
s_wondermoutainyakshimarogogreen2.jpg

WONDER MOUNTAIN 屋久島